物流業界の売却M&Aの再編で明るい未来が待っている

近年、インターネットショッピングの隆盛や、サービスレベル向上の考えの下に配達時間帯をシビアに決める顧客が増えたため、業界全体で運送効率が低下しています。さらに少子高齢社会の到来により、新しくドライバーになる若者が減少しています。免許制度の改正により、18歳から4トントラックに乗ることが再び可能になりましたが、それだけで新規高卒者がドライバー職を選ぶのでしょうか?過重労働の慢性化により、ドライバーが減少し、減少することでさらに現職ドライバーの負担が増えるという悪循環があります。その状況を解決し、利益を上げる方法の一つが企業売却によるM&Aなのです。労働集約型産業である物流業界をまとめることで再構築し、ドライバーの負担を減らすことや、収益率の向上に繋がる企業判断と言えます。

スケールメリットを持つことの重要性

物流は日本の社会を動かす上で欠かせないものですが、元請けが受注した仕事の利益を中抜きし、下請けや孫請けに回す慣習が続いています。中小の業者になるほど利益の少ない仕事を請けなければならないのが現状です。しかし、M&Aにより一つの会社となることで、そのような偏った利益の分配を少なくすることができるでしょう。プロパーで受注している一部の業者は不利にはなりますが、業界全体には大きなプラスになります。物流効率の面でも、同じ会社になることでシステムの統合やドライバーの融通が付けやすくなります。人が足りずにさらに下請けに仕事を回すことが無くなるのです。また、配車に融通が利くことで、空の状態で走る距離が少なくなりますし、ドライバーの安全意識の向上にもなるでしょう。これまでは求職者に避けられていた業界のイメージを変えられるかもしれません。

会社の将来を明るくするためのM&A

家族経営や中小の運送会社は、業界の状況から後継者問題に悩むケースが多いと言われています。従業員の雇用を守りたいものの、実際に今の状況では今後数十年と経営は続けられない…というのが本音です。会社を売却し、大手企業の傘下に入ることで、スケールメリットが獲得できます。利益率が上がることでこれらの問題は殆ど解決するでしょう。業界としてドライバーの需要は増加していますから、売却により仕事が無くなることは考えにくく、従業員にとっても、過重労働の減少が期待できますし、大手の安定した仕事量のメリットを享受できます。創業者にも売却益が残りますし、下請け・孫請けのシステムから脱し、効率的な運送を行うことで、会社に関係する全ての人間に利益をもたらすのです。御社も、M&Aによる問題の解決を模索してみませんか?