物流業界のM&Aや売却が加速しています

物流業界では、中小企業が多数あるのはご存知かと思いますが、その中で今、M&Aや事業売却をする会社が増えていることをご存知ですか。物流業界は、肉体労働というイメージがあり、労働者の確保が困難な業種のひとつです。頑張れば儲かる業者なのですが、少子化の影響で新規労働人口が減り続けている現状では新たな人材確保はますます難しくなっています。また、中小企業のオーナーの方にとっては後継者問題も頭の痛い問題です。中堅以上の会社でも一族経営の企業が多い中、中小企業はやはり後継者は家族の中からと思っても、実際に跡を継いでくれないという問題にぶち当たっている方が多いです。このような方の中から、事業が順調なうちに売却してしまいたいという希望をお持ちのオーナーの方も多くいらっしゃいます。

M&Aによってスムーズに事業承継を

子どもに自身の事業の跡を継いでもらいたいとはどのオーナーも思われる事ですが、現実にはなかなかうまく行きません。また、自社の中には経営を任せられそうな適当な人材が見当たらないという場合も、特に中小企業の場合は見受けられます。現場を任せられるかどうかというのと、経営を担えるかというのは、全く違う能力が求められます。残念ながら、中小企業には経営のセンスがある人材が入りにくいというのは現実です。しかし、今のところ事業はうまく行っているのであれば、この会社をまるごと他社へ売却してしまえば、後継者の問題は解決することが出来ます。自身の事業を廃業することなく継承してくれるところがあれば、経営者としてはとてもよい選択でしょう。今、このようなニーズに応えて、様々な仲介会社が現れています。

M&Aの加速には、サポートする業者の存在が不可欠です

物流業界に限りませんが、今、中小企業の後継者問題は深刻化しています。中小企業の社長さんの平均年齢は、毎年のように上がってきましたが、そろそろ限界に差し掛かっている時期のようです。しかし、後継者がいないことと、事業自体が魅力ないこととは全く別です。事業自体に魅力が残っていれば、会社の売却も決して不可能ではありません。特に物流業界は、小荷物配送の拡大の流れもあってこれからも総取扱量が増え続けることは確実です。つまり業界としては、充分に発展性があるのです。従って、積極的にM&Aを行って、事業を拡大したいと考えている企業も多いのです。買収の利点は、自社で事業拡大をするためにかかる莫大なコストと時間を節約することが可能となる事です。この点に着目して、一気に業容拡大を狙う会社がある今こそ、売り時だといえるでしょう。

経験・実績豊富なM&Aアドバイザーが親身なってサポートいたします。 オーナー経営者様に“最良のタイミング”で“最良の相手”とのご成約となりますようサポートいたします。 ご依頼をいただく以上、お客様に満足頂くため精一杯サポートいたします。 当社は会計事務所の枠にとらわれず進化し続けるグループです。ぜひ一度ご相談くださいませ。 M&Aは9年目となり様々な業界の方から支持をいただいております。 M&Aの物流・売却はこちらから